出産後の抜け毛やクセの原因と対策とは?

南流山の美容室Calmeのトネガワです。

今回は出産後の髪の毛の話です。

出産後のお客様の悩みでよく聞くのが、「髪の毛がたくさん抜けてしまう。」「直毛だったのに髪のクセが出てきた。」といった声です。そんな出産後の悩みを解決できるヒントになればいいなと思います。

【抜け毛やクセの原因とは?】

・女性ホルモンの減少

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増え、出産後は急激に減少します。そのため、心身ともに不調な状態になります。

女性ホルモンの分泌が増えた状態ですと、普段抜けるはずの髪の毛が抜けずに女性ホルモンが減少した途端に一気に抜け落ちます。

髪のクセも同様に女性ホルモンが急激に減少することで髪に栄養が行きづらい状態になり、クセが出たり髪がパサつく原因となっております。

【半年から1年で改善される事が多いです。】

出産によって減少した女性ホルモンは、通常半年から1年で元に戻る事が多いようです。髪が思うようにいかない事もあるとは思いますが、1年ほどで元に戻ると思ってあまり気負いすぎなくても大丈夫です。

【抜け毛やクセの対策】

・女性ホルモンのバランスを整える

食事のバランス、初期は難しいかもしれませんが睡眠のバランスを整えることで心身ともに健康な状態にして女性ホルモンのバランスを正常な状態にしていきましょう。

・ヘアースタイルを変える

抜け毛は特に顔回りの細い毛が抜けてしまうことが多いです。前髪が薄くなってしまうと目立ってしまうので、前髪を厚めに作ると短い毛を隠すことができるのでオススメです。

髪のクセが気になる場合は、レイヤー(段)をつけて髪のクセを活かしたスタイルや重めのスタイルにして髪のクセを抑えるようにすることもできます。

・頭皮の状態を整える

ヘッドスパやスキャルプエッセンスなどを使い、頭皮の血行を良くすることで健康な髪が生えやすくなります。花を育てる時に土の栄養状態、健康状態に気を配るのと同じで、健康な髪を育てるにはまず土台となる頭皮の状態を良くしてあげることが大切と言えます。

【まとめ】

産後の抜け毛の量に驚き、不安になるかと思いますが、ほとんどのお母様が経験することなのであまり気にしすぎずにゆっくりと女性ホルモンのバランスを整え、心身ともに健康な状態を維持することが解決の近道になります。

ヘアースタイルは、今の髪の状態を見ながら似合うスタイルを提案させて頂きますので何でもご相談下さい。

関連記事

  1. 自分に似合う髪型が分からない方へ

  2. 黒染め一歩手前の透明感ダークカラー

  3. ブローストレートパーマでバッサリハンサムショート

  4. 赤い髪からオリーブカラーにチェンジ×シースルーバング

  5. 派手すぎない、ボブスタイルのさりげなインナーカラー

  6. 分け目が付きやすい方がトップにボリュームを出す方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。